全国各地の風俗情報ポータルサイト

日本各地のさまざまな風俗情報を配信しています

東京へデリヘル出稼ぎ

出稼ぎのきっかけ

私は群馬に住む22歳の大学生です。
20歳のときから高崎でデリヘルの仕事をはじめ、お小遣いを稼ぐ程度に働いてきました。
就職を機に上京することになり、引っ越し資金など急にまとまったお金が必要になったため東京へ「出稼ぎ」することにしたのです。
期間は10日間ほどだったので、ちょっとした旅行気分で東京に行ったのを覚えています。
10日間も家を空けるには言い訳が必要だったので、親にはサークルの卒業旅行があると嘘をつき出稼ぎに向かいました。

風俗の都 東京へ

私が出稼ぎにきたのは東京のデリヘル。
高級店ではありませんでしたがお給料は1時間お客がついて9000円悪くはありませんでした。
出稼ぎに来ている女の子のには、お給料以外にも「保障」というものが出ます。
これは、1日に1人もお客さんがつかなかったとしてももらえるお金のことです。
私が出稼ぎに行ったお店の保証は4万円でした。
10日間何もしていなくとも40万円は貰えるということです。

東京では、大体どこのお店もそのくらいは保障がもらえるようで「やっぱり東京は違う」とうれしく思いました。
最終的に、10日間の出勤で稼いだ金額は保障も含めて70万。
その金額は、私には十分すぎるくらいものでした。
限定出勤ということでお店側も何かと私をプッシュしてくれ、お客さんがそれなりについたおかげです。
また、私が出稼ぎに行った12月はお店も忙しい時期だったらしく時期も幸いしました。

出稼ぎの欠点

出稼ぎは短期間で集中して稼げるのがいい点ですが、残念な点もありました。
宿泊施設です。
事前に調べた情報では、出稼ぎ時は「店側が用意してくれたマンション」で寝泊まりするということでした。
しかし、私の働いたお店の場合寝泊まりは「ホテル」だったのです。
しかも宿泊料金は女性持ち。
面接でそれを知らされた時は驚きましたが、保証もあるので仕方がないと割り切りました。
結局宿泊代だけで5万近く使ってしまいましたが、稼いだ金額を考えればまあ良しといえる出費です。
中には、ホテル宿泊ではなくきちんとお店が用意したマンションに泊めてくれるところもあるらしく、もっとデリヘル風俗店選びを徹底しておけばよかったということだけが後悔です。
短期間でまとまったお金が必要!という方には風俗出稼ぎはおすすめできます。
その際は、出稼ぎに行ってから「こんなはずじゃない…」という思いをしないために必ずお店の保証金額、宿泊施設など詳細をよく調べてください。