全国各地の風俗情報ポータルサイト

日本各地のさまざまな風俗情報を配信しています

【デリヘルとピンサロ】回転率がいいのはどっち?

大事な回転率

風俗店では1日に何人のお客さんを接客しなければならないのでしょうか?
風俗で働きたいと思っている女性にとっても気になる項目のはずです。
何人の男性を相手するかによって給与が異なる風俗にとっては回転率は非常に重要なこと。
しかしそれは、風俗の業種によって異なります。
例えば「ピンサロ」と「デリヘル」。
なんとピンサロは、デリヘルの倍以上の回転率があるのです。

回転率の裏側

なぜピンサロは回転率がいいのでしょうか。
その理由の一つは、プレイ時間です。
ピンサロではほとんどのお店がプレイ時間を30分に定めています。
中にはもっと短く15~20分というお店もあるほどです。
ですので、必然的に回転が速くなります。
対してデリヘルではほとんどのお店がプレイ時間を60分からに定めています。
少し高級なデリヘルやマニアックなお店では利用時間は長くなる傾向があり平均して120分利用するお客がほとんどというお店もあるのです。
プレイ時間が長くなるので当然のことながら回転率はピンサロに劣ります。

二つ目の理由は、料金です。
ピンサロは30分の利用料金が5,000円から10,000円くらいのお店が多く風俗の中でも低価格で利用しやすくなっています。
男性からすると気軽に使える風俗店なので、当然来客が増え回転率も上がります。
対してデリヘルは1時間の利用料金が15,000円から20,000円、高級なお店だと30,000円以上になる場合もあります。
男性側からすると決して気軽に使えるような風俗店ではありません。
もちろん来客数、回転率はピンサロよりも低くなります。
しかし、デリヘルはピンサロに比べ料金が高いのでたとえ回転率が悪くともしっかりと利益が出せるのです。

回転率がもたらす影響

回転率は多いほうがいいか、少ないほうがいいかそれは一概には言えません。
ピンサロは回転率が良くお客さんがいない、という状況の方が珍しいくらいです。
ですので、「お客がつかない心配がない」のがメリットです。
しかし、数をこなさなければならないので体力的には厳しい仕事でしょう。
デリヘルは回転率が悪いので「1日中お客がつかない」という状況もあり得ます。
給料は歩合なのでその日の稼ぎは当然ゼロ。
しかし、うまく指名をとることができればピンサロよりも楽に多く稼ぐことができる業種です。
このように、同じ風俗でも「ピンサロ」と「デリヘル」では回転率に大きな差がありそれぞれメリット、デメリットがあります。
働く業種を決める際は、体力、収入など様々な点を考慮しましょう。