全国各地の風俗情報ポータルサイト

日本各地のさまざまな風俗情報を配信しています

不況下では高級デリヘルより普通のお店が儲かる?

高級店より儲かる?

近年は長年続く不況、そして増税などの影響で「消費者の買い控え」が進んでいます。
不況は御多分に漏れず、風俗業界にも影響を及ぼし、男性たちの風俗通いは減少、売り上げが右肩下がりというお店も増えているのです。
しかし、一方でコンスタントに売り上げを出し続けるデリヘル風俗店も存在します。
それは、高級店よりも安い値段で利用することのできる「大衆店」と呼ばれるクラスのお店です。
一般的に不景気化では売り上げが落ち込むのが常識ですが、このような普通のデリヘルに限っては、「むしろ不況の方が儲かる」という状況になっています。

人気の理由

その理由は、やはりその安さです。
高級デリヘルでは1時間、3~4万円の利用料金がかかるのに対し
普通のお店では1時間1.5万円前後で遊ぶことができます。
不況下で、消費者のお財布も寂しい状況になっていますから、安い方を利用するのは当然ですね。
もちろん、普通のデリヘルにはデメリットもあります。
それは、サービスの質や嬢のレベルが高くないことです。
高級店では在籍している女性の容姿レベル、サービス内容、接客が高い水準に保たれています。
値段も、普通のデリヘルの倍以上するお店が多いですからそれは当たり前です。

それに対して、普通のお店ではいわゆる「地雷」と呼ばれる嬢に当たってしまったり
たとえ容姿が良くても、サービスや性格が悪い嬢に当たってしまうことも良くあるのです。
しかし、そこは不況下の日本。
風俗も「安かろう悪かろう」という具合に、とりあえず性欲の処理を第一目的として使う人が増えています。
利用時間はほとんどの人が60分。
顔はそこそこでいいから、とりあえずヌきたい!というわけですね。

儲かる仕組み

そうなると、当然安く利用できる、普通のデリヘルに顧客が殺到します。
普通のデリヘルは在籍する嬢の数も多く、回転率も速いのが特徴なので
人員不足に陥ることなくコンスタントに利益を上げることができるのです。
つまり、不景気になる→気軽に使えるお店を短時間利用する男性が増加→普通のデリヘルは大量の在籍女性と回転率でそのニーズに応える、というのが不況下で普通のデリヘルが儲かる仕組みなのです。

たとえ不景気でお金が無くなったとしても男性の性欲が消えてしまうわけではありません。 いつの時代も、たまには風俗に行きたいというのが男性の本音で普遍的なものでしょう。
「お金はないけどヌきたい!」男性のニーズをうまく満たすことで不況下では高級店よりも普通のデリヘルが儲かるのです。